交通安全茶屋の実施  

 春の全国交通安全運動の周知徹底を図るため、市内企業の愛媛サニタリープロダクツ鰍ェ中心となり交通安全茶屋を実施しました。
 通行車両や通行人にチラシ等を配布し、事前広報と交通事故防止を呼びかけました。

交通安全推進会議の開催  

 西条警察署で、交通安全協会・安全運転管理者協議会合同の推進会議を開催しました。
 会議では、4月6日から4月15日の間実施される「春の全国交通安全運動」の行事予定について審議しました。

保育園児対象の交通安全教室の開催 

 子どもの交通事故防止活動の一環として、西条保育所で交通安全教室を開催しました。
 交通安全についての講話後、仮設信号機を使って横断歩道の正しい渡り方指導を行いました。園児は、元気よく手を挙げて渡り方の練習をするなど、楽しく交通安全について学びました。

高齢者交通安全教室の開催

 飯岡地区高齢者学級の定例会を利用し、交通安全教室を実施しました。
 反射材の効果の実演を交えて指導し、配布しました。参加者からは、反射材着用時と非着用時における見え方の違いについてよく理解できたと好評でした。

高齢者交通安全教室の開催

 西条市養護老人ホーム「明水荘」、大保木公民館において交通安全指導を行いました。 
 明水荘では、交通安全アドバイザーと合同で実施し、広報チラシと反射材を配布しました。
 また、大保木地区は山間部であり夜間照明が少なく暗いところが多いので、夜間反射材着用の重要性がわかったと好評でした。

通学路での現地指導の実施

 橘小学校で、新入学児童・保護者を対象に交通安全教室を実施しました。
 事故防止に関する講話後、通学路でのストップマーク等の安全点検、交差点において渡り方指導を行いました。