CONTAX 167MT
コンタックス167MT
カール・ツァィス プラナー85mmF1.4を使用したいが為に、15年ほど前に購入した機種。
当時としては画期的なオートブラケット(ABCと称していた)を世界で初めて採用したカメラである。
静音化が進む中にあって、シャッター音の大きさは時代に逆行していたが、写真を撮ったという実感と存在感は充分に味わえる名機であり、今尚根強いファンも多い。
右は専用バッテリーバックを装着したもので、重いツァィスレンズに絶妙なバランスを発揮している。