道の駅 風の家のHPはこちらです!
そばの館のHPはこちらです!
ウッドパオのHPはこちらです!
蒜山ハーブガーデンハービルのHPはこちらです!
ひるぜんベアバレースキー場のHPはこちらです!
Blog“スイトンのひとりごと”はこちらです!
お問い合わせ等、メールはこちらです!

蒜山の情報いっぱいの、topへはこちらから!!
蒜山のイベント情報はこちらです!!
蒜山の最新イベント情報です!
蒜山の特産品はこちらです!!
蒜山の特産品をご紹介!
ここからライブカメラのページに!!
蒜山の様子をライブカメラで!
蒜山イエローページはここです!
蒜山の生活情報です!
蒜山の観光情報はこちらです!!
蒜山の観光施設の情報です!
蒜山の地図や、蒜山までの経路はここでご紹介!
蒜山に車やバス電車で行くには?
蒜山内の施設や、お世話になっているHPのリンクです!
いつもお世話になります!
グリーンピア蒜山各施設のパンフレットはこちらから!
各施設のパンフレットは!
ジャージ牛のかわいい写真はこちらです!
かわいいジャージー牛です!
グルメ情報はこちらです!
蒜山の美味しい情報です!



 すぐ下のマップに行きます! 蒜山管内のご案内
 ※ 各地から蒜山までの地図(距離・所要時間)
 ※ 公共交通機関を利用しての来蒜
  ※ 岡山・大阪からの場合  【往路編】 【復路編】 【番外編】
【姫新線&伯備線利用時 復路編】
 ※ 大阪から鳥取経由の場合 高速バス米子編  高速バス倉吉編  
JRとバス 【往路編】 【復路編】
 ※ 湯原温泉までの直通バス
 


米子道蒜山ICから各施設・観光地までの距離と所要時間(車で一般道40km/h、高速道100km/hで算出)

施設・観光地 距 離 所要時間    施設・観光地 距 離 所要時間
風の家 1.1km 2分 津黒高原荘 25.2km 53分
蒜山ハーブガーデンハービル 3.6km 7分 湯原温泉 24.7km 49分
ウッドパオ 4.2km 9分 関金温泉 21.4km 32分
ひるぜんベアバレースキー場 4.0km 8分 倉吉駅 36.0km 54分
ヒルゼン高原センター 3.9km 8分 みるくの里(大山環状道路利用) 28.1km 42分
休暇村蒜山高原 5.1km 11分 大山寺  (大山環状道路利用) 29.3km 44分
ひるぜんジャージーランド 7.7km 17分 皆生温泉    (米子道利用) 40.7km 30分
ホテル蒜山ヒルズ 9.1km 20分         (一般道利用) 43.3km 1時間05分
塩釜の冷泉 11.2km 25分 水木しげる   (米子道利用) 57.8km 55分
快湯館(蒜山スポーツ公園) 11.8km 25分  ロード(境 港) (一般道利用) 58.0km 1時間27分
 
蒜山高原は、東西約20km 南北約10kmの蒜山盆地を中心としています。
ぐるりと一周しても60kmですので、単純に時速60kmで走っても1時間ぐらいのものです。
そのほか津黒高原なども、距離にして約20〜30km以内の距離ですので、これらを含んでもそれほどの距離ではありません。
高原の風景は広々とした雰囲気がありますが、蒜山管内での移動はほとんど車に乗っての移動となりますので、移動時間はそれほどかからないと、考えてよいでしょう。


 〜各地から蒜山までの地図〜


ここでは、広域に蒜山と各都市間や、蒜山と山陰地方にある観光地との、各距離と所要時間をご紹介します。
場所によっては経路が2つある場合もありますが、使いやすい・料金等で選択していただければと思います。

蒜山までの所要時間 大阪 (中国道⇔米子道経由蒜山I.Cまで) 198.3km
2時間 40分
広島 (中国道⇔米子道経由蒜山I.Cまで) 281.8km
2時間 53分
   (山陽道⇔米子道経由蒜山I.Cまで) 235.6km
2時間 21分
岡山・倉敷 (岡山道⇔中国道&米子道経由蒜山I.Cまで) 109.0km
1時間 10分
 
蒜山から
周辺地までの所要時間
松江城  (米子道⇔山陰道経由 高速道路使用) 71.4km
58分
       (R482⇔R181⇔R9 一般道使用) 70.6km
1時間 45分
出雲大社 (米子道⇔山陰道経由 高速道路使用) 109.5km
1時間 35分
     (R482⇔R181⇔R9⇔県道28⇔R431 一般道使用) 107.8km
2時間 41分
石見銀山 (米子道⇔山陰道経由⇔R9 高速道路使用) 145.2km
2時間 29分
鳥取砂丘 (R313⇔倉吉⇔R9バイパス(山陰道経由)) 79.0km
1時間 58分
三朝温泉 (R313⇔県道21倉吉経由) 39.9km
1時間 00分
奥津温泉 (米子道⇔中国道⇔R179 高速道路使用) 54.7km
1時間 03分
       (R482⇔R313⇔R482⇔R179 一般道使用) 47.2km
1時間 13分

上記の“蒜山ICから各施設・観光地”、“蒜山までの所要時間”、“周辺地までの所要時間”は、各距離並びに所要時間は車で一般道40km/h、高速道100km/hで算出しております。
速度や道路の混雑状況等により、所要時間等に誤差が生じますのでご注意くださいませ。

公共交通機関を利用しての来蒜
やはり基本的には、車による移動が主となる蒜山高原ですが、最近は「電車で蒜山に行くには?」とか「バスで蒜山に行くには?」と言う、公共交通機関による御来蒜のご質問も多いので、こちらで何例かをご紹介いたしますが、時刻・料金等につきましては、2014年4月現在のものとなります。

真庭市コミュニティバス“まにわくん”の運行経路・時間が、2014年4月より若干の変更があり、出発時刻・所要時間等に変更がありましたので(鳥取倉吉方面からは変更なし)ご注意くださいませ。

真庭市コミュニティーバスまにわくんの料金は、1回乗車につき 大人(中学生以上)200円、子供(小学生)100円 となります。

(まったくの余談ですが、以前毎日放送のバラエティー番組「ロケみつ 〜ロケ×ロケ×ロケ〜」の「目指せ!鹿児島 西日本横断ブログ旅」に“まにわくん”が登場し、どこまで乗っても大人200円と、その料金の安さが話題になったこともありました…)

=ご注意=
真庭市コミュニティーバスまにわくんには、両替機がありませんので、お釣りの無いように小銭をご用意くださいませ。
また運賃はバスを降りる際に、運賃箱にお入れください。(回数券もございます。)

また真庭市運行のコミュニティバス“まにわくん”は、湯原⇔蒜山振興局が月〜金曜日運行 要予約、関金⇔中曽(蒜山上徳山)は月〜土曜日の運行(日・祝・振り替え休日は運休)で、予約不要となりますので、ご注意下さいませ(また、土日祝日の予約業務はございません)。 

 
岡山・大阪からの場合 
JRと定期バスを使用…
現在は津山線から姫新線経由と、伯備線使用の2系統があります。
【往路】
まずは、各地から蒜山に向けての経路“往路”になります。
この場合岡山8:06発の中鉄北部バス・中国勝山行に乗車できれば、蒜山には11:23に着きます。

8時頃に岡山に到着できるのは、新幹線使用(始発の“のぞみ”や“ひかり”を使用すれば…)で東は名古屋・京都・大阪・神戸、西は福岡・山口・広島が可能です。
次の12:16発の中鉄北部バス・中国勝山行に乗ろうとすれば、東は東京でも可能となります! しかも9時頃の新幹線でも間に合いそうです!!

あとコストが安いという事で、岡山からJRを使用したり、大阪から津山まで高速バスを使用して、津山に出てそこから乗り換えて、中国勝山に出るパターンもご紹介いたします。

と言う事で、往路に関しては復路よりも選択肢が多いので、岡山からのJRとバスや大阪からのバスをご紹介いたします。
往路(→蒜山)
 列車番号           中鉄北部バス     神姫バス急行 3936
ことぶき
中鉄北部バス  
大阪駅(発)            -     9:30 - -   
岡山駅(発) 8:06 - 11:05 12:16
 
津山駅(着) 1853D
快速
12:29 12:11
列車番号 855D 1857D    861D
津山駅(発) 5:41 6:11 まにわ
くん
7:12 まにわ
くん
12:46 まにわ
くん
 
久世駅 6:24 6:55 7:03 7:53 9:47 9:58 13:25 13:57 14:20
 
中国勝山駅(着) 6:30 7:05 7:14 8:01 9:55 10:08 13:31 14:05 14:31
中国勝山駅(発)             
蒜山 8:30 11:23 15:45

往路(→蒜山)
列車番号 JRバス
急行
3938D
ことぶき
中鉄北部バス     神姫バス特急 3940D
ことぶき
   中鉄北部バス  
大阪駅(発) 11:30 -         14:00 -        
岡山駅(発) - 13:05 14:21 - 15:05 17:01
 
津山駅(着) 14:29 14:11 16:45 16:14
列車番号    1863D     1867D
津山駅(発) 14:41 まにわ
くん
17:05 まにわ
くん
 
久世駅 15:24 16:02 16:20 17:53 18:10 18:42
  まにわ
くん
中国勝山駅(着) 15:30 16:10 16:31 17:59 18:21 18:50
中国勝山駅(発)           19:20
蒜山(着) 17:45 19:35 20:26
まにわくん19:20発は夏時間(4〜9月)で、冬時間(10〜3月)の間は19:05発 20:13着となります。
 

 
【復路】
今度は蒜山から家に戻る復路になります。

早い時間帯は、連絡する便も多くありますので、ここでは往路と同じく中国勝山⇒岡山のJRとバス、津山⇒大阪のバス便をご紹介して、次の項目で東は東京・名古屋・京都・大阪方面、西は広島・博多方面の最終に近い時間帯の便をご紹介します!
複路(蒜山→)
列車番号 まにわ
くん
中鉄北部バス 854D     まにわ
くん
中鉄北部バス 858D    
蒜山(発) 6:25             8:41            
 
中国勝山駅(着) 7:55 10:00
中国勝山駅(発) - 8:05 8:12 - 10:10 10:43
 
久世駅 8:05 - 8:17 10:01 - 10:48
       
津山駅(着) 9:01 11:31
列車番号 3935D
ことぶき
神姫
バス
超特
953D 神姫
バス
特急
津山駅(発) 9:38 9:30 12:29 12:00
 
岡山駅(着) 9:54 10:44 - 11:59 13:54 -
大阪駅(着)      11:55 -   14:45

複路(蒜山→)
列車番号 まにわ
くん
中鉄北部バス 854D     まにわ
くん
中鉄北部バス 864D   まにわ
くん
1870D
快速
蒜山(発) 12:25           16:00        17:55  
 
中国勝山駅(着) 13:42 17:16 19:10
中国勝山駅(発) - 14:00 14:29 - 17:25 17:46   19:59
 
久世駅 13:51 - 14:35 17:25 - 17:52 20:04
       
津山駅(着) 15:15 18:40 20:44
列車番号 3941D
ことぶき
神姫
バス
急行
963D 965D
津山駅(発) 15:51 15:30 18:42 20:59
 
岡山駅(着) 15:55 17:00 - 19:14 20:10 22:31
大阪駅(着)     18:53 -    
 

 
【番外編】
それでは最後に、蒜山で遅くまで滞在して最終の着地で終電に間に合うか?
いわゆる、どこまで戻れるかをご紹介したいと思います!(これもあくまでの目安です、実際にご利用になる際はJRの時刻表等で、直近の運行時刻をご確認お願いいたします。)
 岡山駅から新幹線で西へ
岡山駅(着) 19:18 20:10 20:10 20:10 22:31
列車番号 さくら573 のぞみ53 みずほ609 のぞみ59 のぞみ129
岡山駅(発) 19:45 20:31 20:46 22:13 23:13
 
広島駅 20:26 21:11 21:21 22:49 23:54
     
博多駅 21:39 22:14 22:25 23:56
      
熊本駅 22:14 23:00
 
鹿児島中央駅 23:01 23:44
 岡山駅から新幹線で東へ
岡山駅(着) 19:18 20:10 20:10 22:31
列車番号 のぞみ60 のぞみ190 のぞみ98 みずほ608
岡山駅(発) 19:54 20:22 21:44 22:53
 
新大阪駅 20:38 21:08 22:28 23:37
   
京都駅 20:54 21:33 22:45
 
名古屋駅 21:31 22:01 23:20
   
東京駅 23:13 23:42


九州新幹線の開業で、なんと新幹線を使用すれば、鹿児島から蒜山も日帰りが可能となりました…(まぁ蒜山での滞在時間が、17分ほどですが…)

鹿児島に帰るには、20:10に岡山駅着ならば、岡山駅20:46発の“みずほ609号”で、熊本23:00、鹿児島中央には23:44に着きます!

博多までの最終ならば、20:46発の“のぞみ53号”で、22:56には博多着
広島までならば、岡山駅に22:31に着けば、岡山駅 23:13発の“のぞみ125号”広島行きが最終で、23:54に広島に着きます。

東方面は19:18岡山駅着のバスでも大丈夫ですが、20:10岡山着のバスだと、東京行きは東京着最終の“のぞみ190号”のみとなり、23:42に東京に着きます。

また京都・名古屋ならば一本“のぞみ98号”21:44岡山発が加わり、京都着が22:45、名古屋着が23:20となります。
新大阪行きの最終は、22:53岡山発の“みずほ608号”となり、新大阪23:37着で市営地下鉄には、間に合うかもしれません…
(2014年6月2日現在)

続いて在来線での最終を、ご紹介いたします。
岡山駅からJR在来線で東へ
岡山駅(着) 19:18 19:18 20:10 20:10 22:31
列車番号 1978M 1934M 19808M 1936M 1986M
岡山駅(発) 19:33 20:07 21:09 21:24 23:38
 
備前片上駅(着) 20:16 20:50 22:05 0:20
備前片上駅(発)   20:50 22:05   
 
日生駅(着) 21:01 22:17
日生駅(発) 21:02 22:17
 
播州赤穂駅(着) 21:17 22:31
列車番号 980M -
播州赤穂駅(発) 21:31 22:32
 
姫路駅(着) 22:01 22:36 23:05
列車番号 3546M
新快速
3548M
新快速
3552M
新快速
姫路駅(発) 22:17 22:37 23:19
 
神戸駅 22:52 23:12 23:57
 
大阪駅 23:23 23:38 0:23
 
京都駅 23:49 0:09 0:54
   
野洲駅 0:17 0:37
岡山駅からJR在来線で西へ
岡山駅(着) 19:18 20:10 22:31 22:31
列車番号 487M 493M 1767M 1771M
岡山駅(発) 20:15 22:28 22:43 23:34
 
福山駅 21:13 23:23 23:39 0:31
   
尾道駅 21:34 23:43 23:59
 
糸埼駅 21:48 23:50 0:07
   
三原駅(着) 21:48 23:54
列車番号  
三原駅(発) 22:03
 
西条駅 23:00
 
広島駅 23:36

JR在来線で、岡山駅から東側に関しては…
岡山駅19:18着の中鉄北部バスならば、新快速で野洲まで行けるのが、20:07岡山発で播州赤穂21:30連絡、姫路22:17発の新快速で終点野洲駅0:17となります。

次の岡山駅20:10着の中鉄北部バスならば、新快速で野洲まで行けるのが、21:09岡山発で姫路22:26着、22:17発の新快速で終点野洲駅0:37となります。
姫路は岡山21:24発の姫路行き、神戸・大阪・京都は姫路で23:19発の新快速に乗り換えれば、それぞれ神戸23:57着、大阪0:23着、京都0:55着となります。

最終の岡山駅22:31着の中鉄北部バスならば、23:38発で備前片上駅に0:20到着となります。

JR在来線で、岡山駅から西側に関しては…
岡山駅19:18着の中鉄北部バスならば、岡山駅20:15発で西条駅に23:00着、広島駅に23:36到着の最終便となります。

次の岡山駅20:10着の中鉄北部バスならば、三原駅へは岡山22:28発の三原行きが最終となります。

最終の岡山駅22:31着の中鉄北部バスならば、糸埼・尾道駅へは岡山駅23:43発で尾道駅23:59着、糸埼駅には0:07到着となり、福山ですと最終岡山駅23:34発で0:31着となります。
 
【姫新線&伯備線利用時 復路】
姫新線と伯備線利用(こちらも2009年10月以降は、バスの運行並びに時間が変更となり、上記のコースをとられた方が便利になると思います…)
蒜山  8:35発
    ↓まにわくん(蒜山・久世ルート)
勝山中鉄BC  9:50着
中国勝山 13:30発
    ↓JR姫新線 普通 新見行き
新見 14:24着
14:33発
    ↓JR伯備線 特急やくも18号 岡山行き
岡山 15:58着

伯備線を利用…JR岡山駅からJR伯備線新見乗換え→米子行きor出雲市行きの特急やくも等で、根雨駅か江尾駅  根雨駅・江尾駅よりタクシーで蒜山高原。

料金概算…江尾駅から蒜山6,000円 根雨駅から蒜山8,000円
(概算ですので必ずこの金額ではありません、おおよその目安です。)

蒜山タクシー TEL0867-66-2535
江尾タクシー TEL0859-75-2503

 
大阪から鳥取県(米子・倉吉方面)経由の場合
高速バス米子行きの場合…
2016年7月15日より、日交高速バスの米子⇔大阪便の4便に関して、湯原・蒜山【二川BS】(以下、二川BSと表記します)での乗降が可能となりました。
また、大阪行きの2便と米子行きの84便は、大阪伊丹空港での乗降が可能ですので、航空機との連絡も出来るようになりました!
米子発大阪便87便 99便 大阪発米子便84便 92便
米子営業所 8:30
米子駅 8:45
大山パーキング 8:59
湯原・蒜山
【二川BS】
29
宝塚インター
大阪伊丹空港 12:03
なんば(OCAT) 12:25
弁天営業所 12:45
16:00
 
16:15
 
16:29
 
1659
 
 
19:33
 
19:55
 
20:15
弁天営業所 8:50
 
なんば(OCAT) 9:20
 
大阪伊丹空港 9:42
 
宝塚インター
 
湯原・蒜山
【二川BS】
1216
 
大山パーキング 12:46
 
米子駅 13:00
 
米子営業所 13:05
13:50
 
14:20
 
 
14:44
 
17:11
  
17:41
 
17:55
 
18:00
 
以前使用されていた二川BSが、湯原・蒜山【二川BS】として復活し、一日46便(23往復)ある米子⇔大阪便のうち4便(2往復)の乗降が可能となりました!

利用料金ですが、 二川BSより 宝塚インターが 3,600円
大阪伊丹空港が 3,700円
なんばOCATが 4,000円
弁天営業所が 4,000円 となります。

また乗車には予約が必要です。
予約のお問い合わせは日本交通(株)の下記の営業所にお願いします。
米子営業所 0859−35−0811 営業時間 8:00〜20:00
大阪営業所 06−6576−1181 営業時間 8:00〜20:00

またチケットの販売所として
道の駅 風の家 0867−66−4393 
営業時間9:30〜16:00 (4〜11月無休、12〜3月水曜休)
湯原観光情報センター 0867−62−2526 
営業時間10:00〜17:00
でも取り扱っております。

詳しいことは日本交通HP「高速バス|米子線【二川BS】バス停新設」や、真庭市HP「大阪方面高速バスが湯原・蒜山(二川BS)に停車します」のページをご覧ください。

二川BSには、高速バスをご利用になる方用に、地蔵公園内に自動車5台分の駐車スペースと、トイレがあります。
また二川BSは、米子道の湯原ICと蒜山ICのちょうど中間にある為、二川BSより湯原方面・蒜山方面への連絡バスとして、“まにわくん”の運航があります。

連絡バスまにわくんの「二川BS⇔蒜山、湯原便」のご紹介です。
まずは、蒜山方面⇔二川BSのまにわくんです
蒜山発二川BS便1便 3便 二川BS発蒜山便2便 4便
蒜山高原 8:50
 
中福田 8:56
 
(蒜山振興局) (9:00)
 
藤森 9:16
 
湯原・蒜山
【二川BS】
9:20

高速バス 9:29
16:20
 
16:26
 
(16:30)
 
16:46
 
16:50

16:59
高速バス 12:16

湯原・蒜山
【二川BS】
12:20
 
藤森 12:24
 
(蒜山振興局) (12:40)
 
中福田 12:44
 
蒜山高原 12:50
17:11

17:15
 
17:19
 
(17:35)
 
17:39
 
17:45

続いては、湯原方面⇔二川BSのまにわくんです
湯原発二川BS便1便 3便 二川BS発湯原便2便 4便
湯原温泉 8:55
 
(湯原振興局) (8:57)
 
はんざき橋 8:59
 
郷緑温泉前 9:03
 
湯原・蒜山
【二川BS】
9:20

高速バス 9:29
16:25
 
(16:27)
 
16:29
 
16:33
 
16:50

16:59
高速バス 12:16

湯原・蒜山
【二川BS】
12:20
 
郷緑温泉前 12:37
 
はんざき橋 12:41
 
(湯原振興局) (12:43)
 
湯原温泉 12:45
17:11

17:15
 
17:32
 
17:36
 
(17:38)
 
17:40

まにわくんの利用料金は、大人200円、小人100円(各1名)となりますが、釣銭が無いようにご用意をお願いいたします。

またまにわくんの「二川BS⇔蒜山、湯原便」も完全予約制となります(予約の無い場合は運行となりません)。

ご予約は…
蒜山タクシー(株) 0867−66−2535 受付時間 8:30〜17:00
必要事項、@乗車日、A便名、B乗車停留所名、Cお名前、D電話番号、E乗車人数、以上の6項目を係員にお伝えください。(乗車の1日前までに、ご予約をお願いいたします。)
詳しくは真庭市HP「湯原・蒜山(二川BS)ルート」のPDFファイルをご覧ください。
待望の米子⇔大阪便の乗降が可能となりましたが、下記にもある倉吉⇔大阪便と比べると、倉吉便が蒜山の人が大阪に出やすいのに対して、米子便は大阪からの利用がしやすくなったように感じます。
欲を言えばもう少し便数が多く、蒜山インターや湯原インターで降りてくれるようになれば、利用の幅も増えるように思いますが、それでも選択肢が増えたことで、便利になった事には間違いないことでしょう。

ちょっと調べてみたところでは、下記の倉吉便と同じく3列シート車仕様で、休憩も上月PAのようですので、下記の『日本交通高速バス 蒜山⇔大阪便に乗ってみました!』を、ご参考になさってください。
是非この米子⇔大阪便で、免許のない方でも気軽に蒜山高原や、湯原温泉に遊びに来ていただければと思います!
高速バス倉吉行きの場合…
往路 
日交高速バス 大阪→倉吉便
倉吉駅から日交バス乗り換え
関金温泉より蒜山(中曽)行き 真庭市コミュニティバス“まにわくん”(月〜土曜運行)
なんば便   新大阪便
     大阪弁天町  8:25発
        ↓
なんば  8:30発 新大阪  9:20発
    ↓      ↓
倉吉駅 12:50着 倉吉駅 13:05着

倉吉駅 13:30発
    ↓日交バス 関金線 明高行き
関金温泉 14:05着
14:10発 ※注(日・祝・振り替え休日は運休)
    ↓真庭市コミュニティバス まにわくん 中曽(蒜山)行き
中曽 14:57着
 
なんば便
大阪弁天町 10:00発
    ↓
なんば 10:30発
    ↓
倉吉駅 14:05着
14:55発
    ↓日交バス 関金線 明高行き
関金温泉 15:35着
16:25発 ※注(日・祝・振り替え休日は運休)
    ↓真庭市コミュニティバス まにわくん 中曽(蒜山)行き
蒜山中曽 17:12着

復路
蒜山(中曽)より関金行き 真庭市コミュニティバス“まにわくん”(月〜土曜運行)
関金温泉より倉吉駅 日交バス乗り換え利用
日交高速バス 倉吉→大阪方面便

中曽 12:55発 ※注(日・祝・振り替え休日は運休)
    ↓真庭市コミュニティバス まにわくん 関金行き
関金温泉  13:47着
14:00発
    ↓日交バス 関金線 倉吉行き
倉吉駅  14:35着
16:15発
    ↓日交高速バス 新大阪便 弁天町行き
新大阪 19:40着
    ↓
大阪弁天町 20:25着

中曽 15:07発 ※注(日・祝・振り替え休日は運休)
    ↓真庭市コミュニティバス まにわくん 関金行き
関金温泉  16:02着
16:30発
    ↓日交バス 関金線 倉吉行き
倉吉駅 17:31着
18:50発
    ↓日交高速バス 鳥取経由 なんば便 弁天町行き
なんば 22:52着
    ↓
大阪弁天町 23:12着
日交高速バス 大阪⇔倉吉便の一部が久世ICと湯原温泉口に続き、蒜山に停車となりました!
(こちらは通常の、大阪⇔倉吉便の上斎原・三朝経由と経路が違っています!)
大阪便 倉吉バスセンター 30発
      ↓
関金温泉     56
      ↓

蒜山犬挟(新設) 05
      ↓

湯原温泉口    22
      ↓
なんば(OCAT)  1010着
      ↓
大阪弁天町    10:30着
倉吉便 大阪弁天町     18:00発
              
なんば(OCAT)   1830

              
湯原温泉口     21:18着
       ↓
蒜山犬挟(新設)  21:35
       ↓

関金温泉      2144
       ↓

倉吉バスセンター  22:10
 
新設されたのは、蒜山犬挟バス停で、国道313号線の犬挟トンネル手前になります。

蒜山犬挟バス停は蒜山の東側に当たり、宿泊施設や蒜山IC等からは距離がありますが、朝はまにわくんの蒜山高原発(休暇村 蒜山高原前)6:25に乗れば、馬橋に6:43下車で、歩いてすぐの蒜山犬挟バス停より、7:05の大阪なんば行きに乗車可能だと思います。

ただし、21:35蒜山犬挟バス停着のバスの場合、バス停から蒜山の宿泊施設等のバス便が無い為に、タクシー利用が前提とはなります。
しかし以前の、湯原温泉と関金温泉の各停留所からよりは、かなり便利になった感じではありますが、未だ乗り換えが必要とはなります。

と言うことで、いつもは自家用車や貸し切りバスで、京阪神に出ることの多いスイトンですが、今回は所用で一人で大阪に行くこととなり、この倉吉⇔大阪便を往復で利用する機会がありましたので、その時の様子を少しだけご紹介したいと思います。
 
倉吉⇔大阪便ですが、使用されるバスは乗った時には確認してなくて、バスの車種はあんまり詳しくないので予想?ですが、三菱ふそうのエアロエースのハイウェイスターではないかと思います?

ちなみに往復で、車体後部のイラストとシートの色が違っていましたが、ともに高速仕様のバスで、なかなか快適でした!
座席は行きも帰りも3列シートで、進行方向右が1人席、通路を挟んで1人席が2つあり、その2つも20cm程間隔があいています。
4列シートに比べるとかなり広く感じられるのと、今は無き中鉄バスの高速便に比べると、装備も多彩で豪華です!(繁忙期には4列シート車の運行もあるようですが…)

ちょうど画面真ん中左側に、ねずみ色のカバーがありますが、ここがトイレになります。
逆側から見るとこんな感じで、矢印方向に階段があり、降りて左側に扉があります。
昔は高速バスでもトイレがなく、SAなどで何度か休憩をとっていましたが、この倉吉⇔大阪便では、往復とも中国道の上月PAでの休憩のみになります。
トイレ付きですから安心ですが、まぁ3時間ほどの乗車時間ですからねぇ。
トイレの内部ですが、このような感じです。
少し狭いですが、揺れるような車内では逆に狭いぐらいの方が良いかもしれません。

便座の左側に、手洗いと便器の洗浄のスイッチがあります。

でも車内にトイレがあると、安心感が違います、特に小さなお子様をお連れの方と、お酒飲みには(笑)
各座席にはリクライニングと、テーブル、それに電源のコンセントがついていて、携帯電話やスマフォの充電や、ゲーム機程度であれば使用が可能です。

ただコンセントにはカバー?がついていて、そのままではプラグが挿せません。
右写真の拡大部分のコンセントの“=”部分に、プラグの先を少し挿し、90度ひねる(=→||)とプラグが挿せます。
と言うことで、すっかりコンセントの恩恵を受けて、車内ではスマホに転送していた「おそ松さん」を、大阪に着く3時間の間に見倒しました(笑)

ある意味バッテリーの心配をせずに、モバイルグッズを使えるとは、貸し切りのマイクロバスより快適かも?
初めて日交高速バスの倉吉⇔大阪便を利用しましたが、「快適やし、めちゃめちゃええやん!」と言う感じです。

ただこの便だと、蒜山から大阪方面に行くには良いのですが、逆に観光で大阪から蒜山に来られるのには、ちょっと使いにくいかもしれません。

ですが、今夏より念願の大阪⇔米子便の、二川BSから日に朝夕の2往復の乗降が可能となり、大阪からの利用が少し楽になりましたが、この倉吉便の朝大阪発で夕方蒜山乗車の便があれば、これはこれで便利だと思いますので、是非是非m(_ _)m

ちなみにこのバスは全席指定となりますので、前日までに予約をしないといけないようです。(HPには「当日の予約・変更・キャンセルはメールではなく電話でお願いいたします」と書いてありますが、電話受けの時間が8:00〜なので、7:05乗車の倉吉⇒大阪便には、間に合いそうにありませんので、倉吉⇒大阪便の予約等は事実上は前日までですね…?)

蒜山犬挟からの乗車ですと、当日のバス乗車時に料金の支払いをしての乗車が可能です(今回はそうしましたが、料金の先払いは倉吉バスセンター(この路線はクレジットカードの使用も可能です。)や日交の営業所などで可能なようです。 詳しくはこちら日本交通“ご利用に関するご案内”をご覧いただければと思います。 料金は原則前払いのようですが、案内には書いてませんが、どうやら蒜山から各事業所までは遠いために、乗車時でも良いのかな?)

今回スイトンは、メールで往路と復路それぞれ予約して予約番号をとり、蒜山犬挟で乗車時に往路(大阪行き)の料金を支払い、、日本交通に指定された席に座り、なんばOCATで降車してすぐに日本交通のカウンターに行き、クレジットカードで復路(倉吉行き)の支払いと席の指定をしておきました。
大阪から蒜山に来られる場合は、乗車前の支払の時点で往復の座席指定が出来るかもしれませんね。

あと少し気になったのは、朝・夕便共に唯一中国道の上月PAで休憩(10分程度)がありますが、朝の便は8:00から上月PAが営業なので問題無いのですが、夕方の便になると上月PAのレストランとショップの営業が、20:00までなので休憩停車時には、閉店準備もしくは閉まっている場合もあるかと思います。(今回は20:15到着でOUT!でした)
それでも、飲み物は自販機があり良いのですが、食べ物やおつまみ類?は買っておいた方が良いかもしれません。
乗車がなんばOCATですと、施設内にコンビニやパン屋などもありますし、周辺のなんばWalk等にもお店が多くありますので、乗車前の食料調達はし易い場所なので、食べ物は買って乗るのがお勧めです!

こんな倉吉⇔大阪便ですが、バスの込み具合に関しては、全席で29席程の座席数ですが、行きの倉吉→大阪便は日曜の朝だったので、約22人の乗車とそこそこ混んでいました。
逆の帰りの大阪→倉吉便は月曜の夜だったので、乗客も少なく6人程度でした。
おそらく季節や曜日によって変わりますので、あくまでも目安と思っていただいた方が良いですが、ご参考までに…

詳しい時刻表と、料金、停車等はこちら“日交高速バス 倉吉⇔神戸・大阪線”でご確認をお願いいたします。
ちなみに2015年11月の時点では、蒜山犬挟⇒なんばOCAT 片道3,900円でした。(6回回数券だと21,200円で片道あたり3,535円となりお得です! 但し有効期限は3ヶ月ですが… 3人で一回に使うなら便利かも?)
JRの列車と路線バスの組み合わせ
【往路】 JR山陰線倉吉駅から日交バス
関金温泉乗り換え真庭市コミュニティバス まにわくん 利用
大阪駅 9:24発
    ↓智頭急行 スーパーはくと3号(京都発 倉吉行き)
倉吉駅 12:31着
12:40発
    ↓日交バス 関金線 明高行き
関金温泉 13:15着
14:10発
    ↓真庭市コミュニティバス まにわくん 中曽(蒜山)行き
中曽 14:57着 ※注(日・祝・振り替え休日は運休)
大阪駅 11:24発
    ↓智頭急行 スーパーはくと5号(京都発 倉吉行き)
倉吉駅 14:23着
15:40発
    ↓日交バス 関金線 明高行き
関金温泉 16:15着
16:21発
    ↓真庭市コミュニティバス まにわくん 中曽(蒜山)行き
中曽 17:08着 ※注(日・祝・振り替え休日は運休)
【復路】 蒜山から真庭市コミュニティバス まにわくん 利用
関金温泉乗り換え、日交バスでJR山陰線倉吉駅
中曽 12:52発 ※注(日・祝・振り替え休日は運休)
     ↓真庭市コミュニティバス まにわくん 関金行き
関金温泉 13:47着
14:00発
     ↓日交バス 関金線 倉吉行き
倉吉駅 14:35着
16:24発
     ↓特急 スーパーはくと12号(倉吉発 京都行き)
大阪駅 19:31着

中曽 15:15 ※注(日・祝・振り替え休日は運休)
     ↓真庭市コミュニティバス まにわくん 関金行き
関金温泉 16:10着
16:30発
     ↓日交バス 関金線 倉吉行き
倉吉駅 17:05着
17:43発
     ↓特急 スーパーおき4号(新山口発 鳥取行き)
鳥取駅 18:16着
18:40発
     ↓特急 スーパーはくと14号(鳥取発 京都行き)
大阪駅 21:04着
湯原までの直通バス
以前は、阪急バス・中鉄バス共同運行の大阪⇔湯原温泉便が、1日2往復運航されていましたが、2008年12月20日(土)をもって廃止となりました。

真庭市北部と大阪近郊との路線バスも、この路線廃止により一時無くなってしまいましたが…
またこの路線廃止に伴う振替路線が、新見・三次⇔大阪便となり大阪⇔湯原温泉の直通便は廃止となりました。

しかしその後2009年4月より上記の
日交高速バス 大阪→倉吉便の一部が久世ICと湯原温泉口、2013年4月より蒜山犬挟に停車となりましたので、以前運行していた大阪⇔湯原温泉便の代わりを果たしてくれそうです!


現在(2014年4月)の直通バス路線ですが…
一時期、湯原温泉と大阪市内を結ぶ、“温泉ライナー”と言う直通バスがありましたが、関越道事故のツアー会社の運営だった為、運行が中止となってしまいました。

ただ現在も一便だけ、湯快リゾートの宿泊者のみ利用できるバス運行ですが、下記のバス便をご紹介いたします。

湯快リゾートバスということで、大阪⇔湯原⇔皆生間で運行のバスがありますが、こちらは湯快リゾート宿泊の方のみ対象のバスとなります。
【往路】 大阪はJR天王寺駅8:00発⇒新大阪駅8:45発⇒(途中休憩、食事休憩あり)⇒湯原温泉 輝乃湯13:20⇒皆生温泉 かいけ彩朝楽14:20
【復路】 皆生温泉 かいけ彩朝楽14:45⇒(お菓子の壽城立ち寄り)⇒湯原温泉 輝乃湯16:35⇒(高速途中休憩あり)⇒JR新大阪駅20:00⇒JR天王寺駅20:45
料金その他詳しいことは“湯快リゾート お得な往復バス”を、ご覧いただければと思います。
以下のことにご留意下さいませ。
コース例としては岡山と、大阪方面を基準にご紹介しましたが、
岡山県より西からお越しの際は、岡山市を基点に
岡山県より東からお越しの際は、京都・大阪・神戸を通過し倉吉市を基点に
としていたのですが、2009年10月からの真庭市コミュニティバス“まにわくん”の便数変更、並びに路線変更等に伴い、岡山を起点にしたコースも便数が多くなりましたので、岡山県より東からでも岡山市起点と倉吉市起点の選択肢が増えました!

また真庭市のコミュニティバスは、土曜、日曜の運行が無い場合もありますので、ご注意下さいませ。
コミュニティバス運休の場合は、タクシーのご利用となります。

宿泊施設によっては、最寄り駅(根雨駅や江尾駅、江府ICなど)までの送迎を行っておられる場合もありますので、お泊りになられる場合は宿泊施設にお問い合わせ下さいませ。

ただ蒜山に来られてからの行動を含めると、起点になる岡山(蒜山まで高速で約1時間)や倉吉(蒜山まで一般道で約40分)からレンタカーを使われるのも、動きやすくて便利な気がします…

2009年10月の、デマンドバス“まにわくん”の便数増加と路線変更に伴い、少しは選択肢が増えた蒜山への公共交通機関での移動ですが、乗り換え回数等も多くひとつでも時間が狂えば、かなり深刻な状況になることは否めません…
また2013年4月より、日本交通の高速バスの、倉吉⇔大阪便の朝の倉吉6:30→大阪10:10と、夜の大阪18:30→倉吉22:10の2便が、新設の蒜山犬挟停留場から乗降可能となり、少し選択肢が広がりましたが、逆の朝に大阪→倉吉、夜に倉吉→大阪便があれば、大阪方面からの日帰り観光の、誘致にもなるのですが…

上記のように公共機関の直通便が、極端に少なくい蒜山なのですが、実は米子自動車道を経由する大阪・神戸・京都への高速バスは、米子(1日27往復)・松江・出雲方面(1日8往復)の計35便(2015年4月現在)が運行中です。
ほぼ一時間に一本以上と、多くの便数が走っている路線ですので、その高速バスの一部でも蒜山ICや蒜山SAでの、途中乗降が可能になれば、乗り継ぎに係るリスクも少なくなり、より蒜山と京阪神との利便性が高まるのではないかと思いますし、その実現を切に願っています。
※注1: 真庭市コミュニティバス まにわくん 蒜山振興局行き
月〜金曜日運行、予約制 蒜山振興局 市民福祉課TEL0867-66-2511まで。
※注2: 真庭市コミュニティバス まにわくん 中曽(蒜山上徳山)⇔関金(鳥取県倉吉市)行き
月〜土曜日運行 予約不要。