“ホーム”はこちら、ハーブガーデン ハービルの成り立ちや、入場料・営業時間等の情報はこちら!
“ラベンダー”のコーナーはこちら、ラベンダーの利用法・効用やバンドルの作り方等ご紹介!
“ハーブガーデン”のコーナーはこちら、特徴あるハーブの話などハーブガーデンの様子をご紹介!
“森の小径”のコーナーはこちら、コニファーの庭や山菜園、紫陽花園等の山側のご案内です!
“香りの館”のコーナーはこちら、レストランメニューや、工房の紹介、香りの話があります!
カフェレストランのメニューはこちらへ
ハーブの料理や、お茶の話はこちら
香りの話はこちらへ
“アクセスマップ”はここです

今何が咲いてる?“ラベンダーとハーブの庭から”
ハービルからの月一通信です!

蒜山の情報はこちら
日々雑感“スイトンのひとりごと”

このHPのサイトマップ、何がどこにあるのかなぁ?!


   
蒜山(ひるぜん)高原は岡山県北、鳥取県県境に近いところにあります。
以前は道路事情も悪く、岡山市内から蒜山高原までは時間がかかったものですが、現在は米子自動車道や岡山道も開通したことにより、岡山市から高速で1時間と大変近くなり、観光や夏は避暑、冬はウインタースポーツなどに、多くの方々が来られています。

各地から蒜山I.Cまでの所要時間…(高速道路使用)
岡山市から⇒約1時間10分
米子市から⇒約30分
津山市から⇒約40分
大阪から⇒約2時間40分

公共交通機関ですが、2009年10月より蒜山⇔岡山間の直通バスが無くなりましたが、岡山駅発着の中鉄北部バス、中国勝山行きに連絡する真庭市コミュニティバス“まにわくん”が増便し、蒜山⇔岡山の選択肢は増えました…

また大阪⇔蒜山間でのバス便ですが、便数は限られますが倉吉⇔大阪便の犬挟バス停での乗降や、米子⇔大阪便の二川バス停の乗降便が、新設されましたので、少し便利になりました。(上の各便をタップしていただければ、「蒜山高原にようこそ!」の詳しいページが開きます)

鳥取県側からは大阪⇔倉吉(日交バス)〜倉吉⇔関金(日交バス)〜関金⇔蒜山(真庭コミニュティバス)を乗り継ぐバス便等となります。

JRご利用の場合は、中国勝山駅(姫新線)まで出られて、中国勝山⇔蒜山(真庭市コミュニティバス“まにわくん”)を使われるか、江尾駅もしくは根雨駅(共に伯備線)からタクシーとなります。
また倉吉駅(山陰本線)まで出られて、倉吉駅⇔関金温泉の日交バスと、関金温泉⇔蒜山の真庭市コミュニティバス“まにわくん”を乗り継いでの来蒜も出来ます。
詳しくは“蒜山高原にようこそ! 蒜山観光マップ”で、公共交通機関利用の項目等をご覧下さいませ。
 
 
蒜山ハーブガーデン ハービルは、米子自動車道の蒜山インターを降りて約5分のところにあります。

ここでは、インターチェンジを降りてから各交差点の進路方向を、コマ地図でご説明いたします。

なおコマ地図は東西南北にかかわらず、進行方向を上にしております、ご注意くださいませ。

蒜山インターを降りてすぐの交差点を、左折してください。
交差点を渡った向こう側に、お弁当屋さんの“つるや”があり、そこにハービルの左向き矢印看板がありますので、目印にしてくださいませ。

この交差点を直進すると、三木ヶ原や大山方面になります。

この交差点を左折して、約300m向こうが次の地図の交差点になります。


インターを降りてすぐの、先ほどの交差点を左折して約300mにある変形四叉路ですが、目印は左のコマ地図にある白色に写真の入った看板を目印にして、左折してください。

看板自体の大きさも大きいので、すぐに分かると思います。

この交差点を左折すると、しばらく道なりの坂道を上っていき、米子自動車道の下をくぐります。
しばらく道なりとなります。

しばらく道なりに走っていただくと、道の脇に左のコマ地図にある“ハービル”と書いた看板が立っているのが見えると思います。

そこからしばらく走っていただくと、左側に上2/3が紫で下1/3が白色の看板があり、そのすぐ先の右側には青紫の“蒜山ハーブガーデン⇒”の看板が有りますので、ここを右折してください。

右折したらすぐに左手に牛舎がありますので、そのまま道なりに進みます。
ここからは少し道幅が狭くなりますので、対向車のすれ違い等、運転にご注意ください。

そのまま進むと茅部神社の参道と交差し、そこを過ぎたところが左のコマ地図の部分になります。

登り坂となりますが、途中に白地の看板が有ります。

坂道を上がったところがT字路になり、右側に紫色の大きな看板があり、ここを右折して進むと左奥に香りの館の建物が見えてきます。
しばらく坂を登ると、Y字路となり左側が乗用車用の駐車場、右側は団体のお客様のバス専用駐車場となります